【掛軸の古美術高美堂 掛軸販売・日本画専門店】

掛軸販売(掛軸販売)・骨董・古美術・絵画・日本画・書画・色紙のネット販売・通販古美術・骨董の肉筆掛け軸を真作(本物)保証で販売しております

クリック→ お電話で、この商品についてのご質問・ご相談・ご注文承ります。 ←クリック

春之瀑布(田中 頼璋 作)

商品番号1717
価格
商品名春之瀑布
作者田中 頼璋
略歴田中頼璋(たなか らいしょう)
本名大治郎、慶応2年、邑智郡市木村(現瑞穂町)の庄屋をつとめる田中助左衛門の二男に生まれる。17歳の時に画家を志して、萩の森寛斎に師事し豊文と号した。その後広島で軍務につく。明治35年上京して同流派の川端玉章に入門し、頼章と号し、写生風の山水画を描いた。明治36年、日本美術協会展で三等賞銅牌となり、その後日本美術協会展で受賞を続ける一方、巽画会審査員・日本画会評議員をつとめ、川端画学校の教授となった。文展で入賞、特選を重ね、文展旧派の実力者として活躍した。大正4年に号を「頼璋」に改号。帝展においては、大正8年推薦、同13年委員となった。また、邸内に天然画塾を開くなど、後進の指導にも当たった。関東大震災以後は広島に居を移し、悠々自適の生活を送る。中国画を学び、写生味の強い山水画を得意とした。昭和15年死去。享年75才

【箱書鑑定人】
金山 霊水(かなやま・れいすい) 1910年~1996年 明治43年島根県旧平田市に生れる。昭和元年三上春洋に師事。昭和3年落合朗風に師事する。霊水の雅号は、朗風がつける。朗風没後、昭和17年児玉希望に師事。22年日展初入選。日展3回入。院展1回入。島根県展の審査員として、県の美術の向上に尽くした。平成8年5月3日没。享年87歳。昭和26年日展に入選した「雪後」は平田市園町山谷地区の風景を取材した代表作の一つで現在平田本陣記念館所蔵。
本紙絹本(尺八立)
寸法本紙:幅50×155cm
総丈:幅63×218cm
軸先
鑑定箱・タトウ箱(同郷の金山霊水鑑定箱書き)
備考田中頼璋作 滝
頼璋先生は明治32年に上京して円山派の大家、川端玉章に師事し、その後川端画学校の教授となって後進の指導にあたるほどの俊才でした。そして、明治40年から始まる文展では得意の山水図や瀑布図を出品して上位受賞を重ね、帝展では委員に任命されています。また、このように画壇の中心として活躍する大正4年には雅号を頼璋(章に王偏を加える)と改め、御前揮毫もしばしばおこないました。

この作品では音をたてて流れ落ちる瀑布の様子が描かれています。

先生お得意の瀑布図をご堪能下さい。

春掛けとしてお楽しみ頂けます。
状態本紙にヤケ・シミ・傷み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装に少々反り・ヨレ等ありますが、鑑賞には差し支えない程度です。


  • ↓本紙上部に薄いヤケ等ありますが鑑賞には気にならない程です。↓








  • 花弁に胡粉(白絵具)の剥落等ありますが鑑賞には気にならない程度です。











  • 本紙にヤケ・中央に横折れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

  • 照明を斜めから当てて折れが目立つ様に写しました。







  • 鑑定箱・タトウ箱



  • 箱の表面と裏面

    (同郷の金山霊水鑑定箱書き)


古美術品・掛軸・絵画等(電話/FAX/メール)での御注文、お問い合わせはこちらまで
電話:0853-22-2109    FAX:0853-31-8007 (FAX申し込み用紙印刷)
メール info@koubidou.com か商品購入、商品ご注文フォームよりお願致します

春之瀑布
田中 頼璋
ページトップへ