【掛軸の古美術高美堂 掛軸販売・日本画専門店】

掛軸販売(掛軸販売)・骨董・古美術・絵画・日本画・書画・色紙のネット販売・通販古美術・骨董の肉筆掛け軸を真作(本物)保証で販売しております

クリック→ お電話で、この商品についてのご質問・ご相談・ご注文承ります。 ←クリック

梅花喜鵲(ばいかきじゃく)かささぎ(荒木 寛畝 作)

商品番号2686
価格85,000円  
商品名梅花喜鵲(ばいかきじゃく)かささぎ
作者荒木 寛畝
略歴荒木寛畝 あらきかんぽ(1831-1915)
天保2年6月東京港区に生まれる。旧姓田中。幼名光三郎。別号達庵・読画堂・8才で荒木寛快に入門し、後その養子となる。安政3年山内容堂の知遇を得、土佐藩の絵所預となる。維新後絵所を去って洋画に転向し、一時は五姓田芳柳・高橋由一とならび称されたが、ふたたび日本画にもどった。その後宮内省の御用絵を描き、日本美術協会で重きをなし、南北両派に洋風を加味して花鳥画を得意とした。明治31年橋本雅邦の後任として東京美術学校教授、明治33年帝室技芸委員となり、明治40年の第1回文展審査員をつとめた。

鑑定人
荒木十畝 (あらき・じっぽ)1872-1944 
明治5年長崎県生。本名は悌二郎。25年上京して荒木寛畝に入門する。師寛畝の娘鈴と結婚、荒木家の養嗣子となる。花鳥を得意とする。文展審査員・日本画会顧問・読画会会長・芸術院会員。昭和19年9月11日歿、72才。
本紙絹本(尺八立)
寸法本紙:幅50×高さ127cm
総丈:幅65×高さ212cm
軸先象牙
鑑定箱・⼆重箱・鑑定人:寛畝の養嗣子
備考冬掛け・早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

(1月~3月)

鵲(かささぎ)とは喜鵲(きじゃく)とも云い【めでたい知らせを告げる鳥のこと】
状態掛軸は元裂地を使って仕立直しましたので良好です。
(手打ち表装)美品です。





  • |←----(軸先除く) 掛軸幅 64cm ----→|

    (尺八立)総丈:【幅65×高さ212cm】※長めなので高さのご確認下さい。

    ※この掛軸のサイズは一間床におすすめです。

    表装は元裂地を使って仕立直しましたので本紙表装共に良好です(手打ち表装)

    表装は画格に釣り合った上質な高級金襴裂地があてられた
    仕立てになっております。




  • 表装は元裂地を使って仕立直しましたので本紙表装共に良好です(手打ち表装)


    表装は画格に釣り合った上質な高級金襴裂地があてられた
    仕立てになっております。










  • 鵲(かささぎ)とは喜鵲(きじゃく)とも云い【めでたい知らせを告げる鳥のこと】




  • 鵲(かささぎ)とは喜鵲(きじゃく)とも云い【めでたい知らせを告げる鳥のこと】






















  • 鑑定箱・二重箱【鑑定人:寛畝の門下生養嗣子:荒木十畝】




  • 【箱の表面】




  • 【箱の表面上部】




  • 【箱の表面下部】




  • 【箱の裏面】




  • 【二重箱】


古美術品・掛軸・絵画等(電話/FAX/メール)での御注文、お問い合わせはこちらまで
電話:0853-22-2109    FAX:0853-31-8007 (FAX申し込み用紙印刷)
メール info@koubidou.com か商品購入、商品ご注文フォームよりお願致します

梅花喜鵲(ばいかきじゃく)かささぎ
荒木 寛畝
ページトップへ