【掛軸の古美術高美堂 掛軸販売・日本画専門店】

掛軸販売(掛軸販売)・骨董・古美術・絵画・日本画・書画・色紙のネット販売・通販古美術・骨董の肉筆掛け軸を真作(本物)保証で販売しております

船出(川合 玉堂 作)

商品番号2161
価格

売却済

商品名船出
作者川合 玉堂
略歴川合 玉堂 (かわい ぎょくどう)
明治6年11月愛知県木曽川町に生まれる。本名芳三郎。別号偶庵。明治20年京都に出て、望月玉泉に入門し玉舟と号す。明治23年幸野楳嶺塾に入り、号を「玉堂」と改めて、第3回内国勧業博覧会に出品褒状を受ける。その後、日本青年絵画協会、日本美術協会など各展に出品し受賞を重ねる。明治28年の第4回内国勧業博覧会に出品された橋本雅邦の「竜虎図」に感動し、上京して雅邦門に入る。明治40年開設の文展には第1回から12回まで審査員をつとめる。大正4年から昭和11年まで東京美術学校教授。大正6年帝室技芸員、大正8年帝国美術院会員、昭和12年には帝国芸術院会員となり、昭和15年に文化勲章を受章した。一方大正13年、小堀鞆音・下村観山・山元春挙・竹内栖鳳・横山大観らと淡交会を結成し、その私塾、長流画塾で多くの門人を育てた。四条派・狩野派を融合させた独自の穏健な風景画を確立したが、また歌人としても有名で歌集も刊行している。昭和32年6月30日、東京青梅市の自宅で蔵喘息のため死去。享年83才。昭和36年御岳渓谷に玉堂美術館が開設された。
本紙紙本(尺三横)
寸法本紙:幅37×高さ30cm
総丈:幅47×高さ113cm
軸先象牙
共箱・二重箱・帽子・タトウ箱付
備考この作品は、昭和28年勅題の歌会始お題「船出」の時に描かれたものと思われ、玉堂晩年の80歳頃の作と思われます。

勅題とは天皇が出題する詩歌などの題。特に、明治2年(1869)以降毎年行われている歌会始めの題のこと。
自賛は
岸壁を はなれはじ免し 大船能 日のまる農旗 あた羅しく志て
がんぺきを はなれはじめし おおふねの ひのまるのはた あたらしくして
状態本紙・表装共に良好です。





  • この作品は、昭和28年勅題の歌会始お題「船出」の時に描かれたものと思われ、玉堂晩年の80歳頃の作と思われます。

    勅題とは天皇が出題する詩歌などの題。特に、明治2年(1869)以降毎年行われている歌会始めの題のこと。

    玉堂は皇室関係の献上画の揮亳や、勅題にちなむ作品などには本名の「芳三郎」または「芳」を落款としている。これを「玉堂」と併用して「玉堂 芳」の落款がある。






  • 玉堂自画自賛
     
    岸壁をはなれはじ免し 大船能 日のまる農旗 あた羅しく志て
     
    がんぺきを はなれはじめし おおふねの ひのまるのはた あたらしくして






  • 賛に添えてカモメが描かれています。



  • 玉堂は皇室関係の献上画の揮亳や、勅題にちなむ作品などには本名の「芳三郎」または「芳」を落款としている。これを「玉堂」と併用して「玉堂 芳」の落款があります。




  • 共箱・二重箱・帽子・タトウ箱付



  • 箱の表面




  • 箱の裏面




  • 共箱・二重箱・帽子・タトウ箱付




古美術品・掛軸・絵画等(電話/FAX/メール)での御注文、お問い合わせはこちらまで
電話:0853-22-2109    FAX:0853-31-8007 (FAX申し込み用紙印刷)
メール info.com か商品購入、商品ご注文フォームよりお願致します

船出
川合 玉堂
ページトップへ