【掛軸の古美術高美堂 掛軸販売・日本画専門店】

掛軸販売(掛軸販売)・骨董・古美術・絵画・日本画・書画・色紙のネット販売・通販古美術・骨董の肉筆掛け軸を真作(本物)保証で販売しております

還城楽(げんじょうらく)(管 楯彦 作)

商品番号1392
価格

売却済

商品名還城楽(げんじょうらく)
作者管 楯彦
略歴菅 楯彦 (すが・たてひこ)
明治11年鳥取県に生れる。本名は藤太郎。初め盛虎、のち静湖と号す。父は日本画家菅盛南。幼いころ大阪に移り、師はなく独力で土佐派その他を学ぶ。大阪に長く住み好んで大阪の庶民風俗を描く。大阪市民文化賞、大阪府芸術賞などの外、長年の日本画活動とその業績により、昭和33年の第14回日本芸術院恩腸賞を受賞する。37年大阪市名誉市民となる。昭和38年大阪市で歿。
享年85歳。
本紙絹本(尺ニ立)
寸法本紙:幅41×高さ100cm
総丈:幅55×高さ187cm
軸先骨(尺二立)
共箱・鑑定箱(菅楯彦筆西川桃嶺題答)
備考還城楽(げんじょうらく)
雅楽の舞曲。唐楽。太食?(たいしき)?調で、古楽。舞は一人による走舞?(はしりまい)?。怪奇な面をつけ、桴?(ばち)?を持ち、作り物の蛇を捕らえて勇壮に舞う。一説に、西域の人が好物の蛇を見つけて喜ぶさまを写したものという。番舞?(つがいまい)?は抜頭?(ばとう)?など。見蛇?(げんじゃ)?楽。還京楽。


年中掛けとしてお楽しみ頂けます。
状態本紙に極薄い点染み等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装の天上部にヤケ等ありますが鑑賞には
差し支えない程度です。

表装地にヤケ・軽い折れ等ありますが鑑賞には気にならない程度






  • 還城楽(げんじょうらく)皇軍凱旋之日

    雅楽の舞曲。唐楽。太食?(たいしき)?調で、古楽。舞は一人による走舞?(はしりまい)?。

    怪奇な面をつけ、桴?(ばち)?を持ち、作り物の蛇を捕らえて勇壮に舞う。

    一説に、西域の人が好物の蛇を見つけて喜ぶさまを写したものという。

    番舞?(つがいまい)?は抜頭?(ばとう)?など。

    見蛇?(げんじゃ)?楽。還京楽。











  • 明治38年乙巳(きのと・み)12月
    皇軍凱旋之時菅原楯彦

    管楯彦27歳日露戦争凱旋記念として描く



  • 共箱・タトウ箱付



  • 箱の表面



  • 箱の表面は共箱裏面に西川桃嶺の題答鑑定書きあり

    表面上部は共箱:還城楽 表面下部:明治38年乙巳(きのと・み)12月
    皇軍凱旋之時菅原楯彦

    管楯彦27歳日露戦争凱旋記念として描く



  • 箱の裏面

    菅楯彦筆西川桃嶺題答


古美術品・掛軸・絵画等(電話/FAX/メール)での御注文、お問い合わせはこちらまで
電話:0853-22-2109    FAX:0853-31-8007 (FAX申し込み用紙印刷)
メール info.com か商品購入、商品ご注文フォームよりお願致します

還城楽(げんじょうらく)
管 楯彦
ページトップへ