[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 S-083     
価 格 売却済み
商品名 梅鴬   (色紙) 
作 者 幸松春浦作  
略 歴

幸松春浦 ゆきまつしゅんぽ (1897−1962)
明治30年6月大分市に生まれる。本名猪六。19才で大阪に出、南画家姫島竹外に師事、その後京都の水田竹圃の画塾に入門する。大正9年第2回帝展に「月二題」で初入選、以後新鋭南画家として帝展に入選を重ね、大正15年第7回帝展に「秋思」で、翌昭和2年第8回帝展に「雪路」で二年連続して特選となる。この間大正10年日本南画院第1回展に出品、のち同人となる。昭和4年帝展推薦、9年の第15回帝展まで毎回出品、10年帝展改組では第一部会に参加し、新文展には無鑑査出品を重ねる。戦後は、日展に23年第4回から依嘱出品を続ける。昭和37年3月6日没。享年64才。

本 紙 絹本
寸 法 (色紙) 幅24×高さ27cm
状 態 金縁の剥げありますが他は良好です。
備 考

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

 

 

 

 

戻る
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com