[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 S-075     
価 格 3,600円
商品名 童子
作 者 小川千甕作   (色紙) 
略 歴

小川千甕 おがわせんよう (1882−1971)
明治15年10月京都市に生まれる。本名多三郎。生家は老舗の書肆で、若くして教養を身につける。30年仏画師北村敬重の徒弟になり、かたわら関西美術院で浅井忠に洋画を学び、40年浅井の没後は京都市立陶磁器試験場の技師となるが43年上京、挿絵画家の道を歩み、兄の小説家小川煙村の縁で「ホトトギス」の挿絵も制作する。大正3年発足した二科会第1回展に水彩画が入選、4年平福百穂、小川芋銭らと珊瑚会を結成次第に南画家への道をたどる。10年から再興院展に入選を重ね、のち日本南画院展に出品、昭和17年大東南宋院委員となる。戦後は個展を中心に制作発表、28年第8回日展に「楽只」を依嘱出品唯一の官展出品となる。詩歌や書にも優れ、島木赤彦に学んで「アララギ」に短歌を寄せる。昭和46年2月8日東京世田谷で没。享年88才。

本 紙 絹本 
寸 法 (色紙) 幅24×高さ27cm
状 態 ヤケ・点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。
備 考

春・夏・秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

 

 

 

 

戻る
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com