[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-070   
価格 売却済み
商品名 山水雨二題図 
作者 玉舎春輝作   
略歴

玉舎春輝 たまや はるき (1880−1947)
 明治13年5月岐阜県高山に生まれる。旧姓清水。一才のときに玉舎家の養子となる。本名秀次。臥牛庵とも号す。32年京都に出て原在泉に大和絵を学び、33年山元春挙に師事する。33年から日本絵画協会の日本美術院との連合絵画共進会で三等褒状を重ね、35年春の第12回に「雪の朝」、秋の第13回に「靜浦」で二等褒状を受ける。また春挙画塾の同攻会展・早苗会展に出品、早苗会評議員となる。42年代3回文展に「踏険集利」で初入選、大正2年7回文展で三等賞、3,4年と連続褒状、7年12回文展まで連続して入選する。8年帝展発足では不出品を表明して日本自由画壇の結成に同人として参加、その定期展に出品する。10年と13年に中国を訪れ、日本各地も取材旅行する。15年第1回聖徳太子奉賛美術展、昭和5年同2回展には無鑑査出品をする。15年最初の個展を名古屋美術倶楽部で開催。17年日本自由画壇を解散、18年早苗会の解散とともに耕人社の結成に理事として参加する。昭和22年5月3日京都市で没。享年66才。

本紙 絹本  (尺五立) (双幅)
寸法 本紙:幅42×高さ124cm
総丈:幅54.5×高さ201cm×2幅(双幅)
軸先 焼き物
共箱・タトウ箱付
備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に良好です。

掛軸は新たに仕立て替えましたので綺麗です。(新調表装)

 

  

山水雨二題(尺五立双幅)

掛軸は新たに仕立て替えましたので綺麗です。(新調表装)

掛軸は新たに仕立て替えましたので綺麗です。(新調表装)

 

 

 

左側 (雨中山家)

 

 

 

 

水墨によるぼかし効果を活かして
雨の風情を叙情的に描き出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (雨中水車小屋)

 

 

 

 

水墨によるぼかし効果を活かして
雨の風情を叙情的に描き出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共箱・タトウ箱付

 

        

 

箱の表面と裏面

 


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com