[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 B-092   
価格 65,000円
商品名

朝陽静波

作者 望月玉成作
略歴

望月 玉成 (もちずき ぎょくせい)
 日本画家 望月玉渓(望月派の五代)の子として明治33年京都に生まれる。祖父は明治画壇を代表する画家 帝室技芸員を務めた望月玉泉。父に画法を学び、また京都市立美術工芸学校 京都市立絵画専門学校を卒業。その後は西山翠嶂に師事し、後に母校の教授を務めた。また帝展 日本美術協会等など諸展に入選し、京都画壇で活躍した。昭和26年没。享年 52才。 印名は「稲」「稲葉」「稲葉印」「春秋多佳白」など
秋会委員、晨光会会員、留珠会員。

本紙

絹本 (尺五立)  

寸法

本紙:幅42×高さ133cm
総丈:幅57×高さ226cm  

軸先 象牙

共箱・二重箱

備考

この作品は青海波から顔をのぞかせた太陽が輝きを増して天に昇ろうとする新春風景を描いたものです。命の再生を象徴する太陽は古来よりおめでたく、人々の崇拝の対象とされてきました。すがすがしい気持ちでお正月を迎えるのにふさわしい掛軸です。

お正月掛けとしてお楽しみ頂けます。

(1月掛け)

状態

本紙・表装共に良好です。

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地があてられた仕立てになっております。

 

 

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地があてられた仕立てになっております。

 

 

 

 

 

この作品は青海波から顔をのぞかせた太陽が輝きを増して天に昇ろうとする新春風景を描いたものです。

命の再生を象徴する太陽は古来よりおめでたく、人々の崇拝の対象とされてきました。

すがすがしい気持ちでお正月を迎えるのにふさわしい掛軸です。



旭日の重厚感ある朱色と金泥引きの気品が良く表現されております。

 

 

 

 

 

表装裏面上部の上巻(巻絹)にヤケ等ありますが鑑賞には問題無い箇所です。

 

 

共箱・二重箱

 

  

箱の表面と裏面

 

  

箱の裏面

皇紀2600年秋吉辰(昭和15年)秋吉日 望月玉成答印 印

 

二重箱に古紙の切れ端が付いております。

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com