[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 A-092   
価格 32,000円
商品名 紅梅小禽
作者 麻田辨次作 
略歴

麻田辨自 あさだべんじ (1899−1984)
明治32年12月14日京都府船井郡に生まれる。旧姓中西、本名辨次。辨自は晩年の号。大正10年京都市立美術工芸学校を卒業、この年、第3回帝展に「洋犬哺乳」が初入選。以後帝展に入選を重ねる。大正13年京都市立絵画専門学校を卒業、研究科に進級。昭和2年上村松園の弟子、麻田ツル(号・直園)と結婚し麻田姓を名乗る。昭和4年西村五雲の画塾に入塾。研究科卒業後、創作版画も手がけ、京都創作版画協会を結成、7年日本版画協会会員となる。13年西村五雲の没後は山口華楊らと新・晨鳥社を結成、特別研究会委員となる。16年最初の個展を京都・大丸で開催、花鳥画家としての歩みを確かなものにする。 戦後は21年秋の第2回日展から入選を重ね、25年第6回日展に「樹蔭」で特選・白寿賞を、27年にも特選・白寿賞を受賞する。28年第9回日展で審査員、33年日展評議員となり、文部大臣賞を受賞。40年第7回新日展に出品した「潮騒」で日本芸術院賞を受賞した。  京都市文化功労者。日展参与・参事、晨鳥社顧問。昭和59年没。享年84才。

 

本紙 紙本   (尺五横) 
寸法 本紙:幅44×縦38cm
総丈:幅56×縦129cm  
軸先 焼き物
合せ箱・タトウ箱付
備考

冬掛け・早春掛けとしてお楽しみ頂けます。
(1月〜3月)

伸びやかな枝と対照的な硬い蕾や小禽のたたずまいからから凛とした早春の気配が伝わって来ます。


状態

本紙は良好です。

表装は新たに仕立て替えましたので綺麗です。
(新調表装)

 

 

 

|←-----------------(軸先除く) 軸幅 56cm --------------→|

(尺五横)

掛軸は新しく仕立て直しをしておりますので良好です。(新調表装)







新たな息吹を包んだ新枝の伸びやかな線の美しさをご堪能下さい。


 

合せ箱・タトウ箱付

 

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com