[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 S-548     
価 格 売却済み
商品名 懸想文 けんそうぶみ (広幅短冊です) 
作 者 伊藤渓水作 
略 歴

伊藤 渓水 (いとう・けいすい)
明治13年愛媛県宇和島に生れる。本名一雄。
平井楳仙に師事、後に山元春挙に師事し早苗会会員と成る。昭和11年春の改組帝展に(摩耶山頂)、秋の文展鑑査展に(潮騒)で入選する。

本 紙 絹本  (共タトー紙付き)
寸 法 (広幅短冊) 幅7.5cm×高さ36cm (普通の短冊とはサイズが違います)
状 態

良好です。

備 考

須賀神社は、節分の日に売られる「懸想文」で有名。
懸想文とは昔あった「恋文の代筆文」のことで、これを鏡台やタンスの中に入れておくと美人になり、良縁を授かるとされています。節分当日には、これをお目当てに訪れる大勢の若い女性で賑わいます。

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

広幅短冊ですのでご注文の際は寸法の確認をして下さい。

 

 

 

 

戻る
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com