[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 S-043     
価 格 売却済み
商品名 鯰  (色紙) 
作 者 木村武山作  
略 歴 木村武山 きむらぶざん(1876−1942)
明治9年7月茨城県笠間市に生まれる。本名信太郎。12才頃から笠間在の南画家桜井華陵に師事し、武山の号を用いる。明治22年上京して開成中学に入学、のち川端玉章に師事し、明治24年東京美術学校に入学。明治29年美術学校卒業後ただちに日本絵画協会に参加する。明治31年創立された日本美術院の副員となり、明治39年日本美術院日本画部の五浦移転に際しては横山大観・下村観山・菱田春草らとともに同地に移住、翌年第1回文展に「阿房劫火」が3等賞となる。明治45年五浦を引き上げて東京に戻り、大正3年日本美術院再興には経営同人として参加、第1回院展以後毎回院展に出品を続けるが昭和12年脳内出血で倒れ、郷里に隠退静養した。以後は右手の自由を失い、左手で絵筆をとっていたが、昭和17年11月29日東京世田谷区の中野喜咲別邸に寓居中、喘息のため死去。享年66才。
本 紙 絹本  
寸 法 (色紙) 幅24×高さ27cm
状 態

ヤケ・点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

備 考

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。(稲に鯰)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com