[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 O-034  
価格 売却済み
商品名 立葵花
作者 野長瀬晩花作 
略歴

野長瀬 晩花(のながせ ばんか)
明治22年和歌山県西牟婁郡の生まれで、初めは大阪に出て中川芦月に円山派を学び、後に谷口香キョウに師事した。京都市立絵画専門学校に入学するが中退し、明治44年の新古美術品展に《被布着たる少女》で三等賞を受賞した。大正期には秦テルヲとの二人展や同人展を開催し、7年には小野竹喬 土田麦僊等と国画創作協会を創立し、その定期展に《初夏の流れ》《休み時》《夕陽に帰る漁夫》などを出品した。また10年には麦僊 竹喬らと渡欧し翌年に帰国した。昭和3年に国画創作協会を解散し、以後は公募展から離れて個展を度々開催し、6年から12年までは芦屋で画塾青葉社を主宰した。また7年から17年にかけては度々旧満洲を歴遊した。戦時中は長野県屋代に疎開し、戦後も留まり白炎社を結成し、その定期展を27年まで開催し、31年の解散後は、東京狛江に転居した。 昭和39年没。享年 76才。

本紙 絹本  (日本画立額)
寸法 本紙:幅26.5×縦70cm  
総丈:幅40×縦93.5cm 
額・材質 木製布張り・ガラス付。
ダンボール製・かぶせ箱
状態

本紙に絵具の剥落等ありますが鑑賞には気にならない程度です 。

額縁にスレ・アタリ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

備考

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

|←--------------------- 額幅 40cm ------------------→|

(立額)

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↑胡粉の剥落等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↓↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンボール製・かぶせ箱

戻る
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com