[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 O−102  
価格 45,000円
商品名 紅梅雀   (扁額・欄間額) 
作者 下村為山作
画歴 下村 為山(しもむら いざん)
慶応元年(1865)伊予国(愛媛県)松山藩士 下村純の次男として松山城下に生まれる。明治15年18歳で上京し、初め岡松甕谷の紹成書院に漢学を学び、後に本多錦吉郎の画塾「彰技堂」に入塾、また小山正太郎の「不同舎」に洋画を学んだ。23年の内国勧業博覧会に《慈悲者殺生》で二等妙技賞を受賞。翌24年の明治美術会春季展に《池辺秋暁》、同秋季展に《敗荷鴛鴦図》を連続出品し好評を得て、同門の中村不折らと共に双璧と謳われ注目される。その頃同郷の正岡子規と知遇し、俳句に親しみ、また俳画の研究に没頭。次第に日本の伝統絵画に魅了され、日本画に転じた。子規の没後は帰郷し、俳味横溢の新境地を開いて俳画家として名声を博した。また後に戦災を避け富山県石砺波郡石黒村に疎開し、戦後間もなくこの地で没した。昭和24年(1949)没。 享年 85才。
材質 紙本 
寸法

本紙:幅123×縦33cm
総丈:幅154×縦48cm 
 (五尺一寸幅)

木製・隅丸・布貼り (アクリル付き)
ダンボール箱
備考

「玄関、応接間、日本間等にお掛け頂けます。

 8畳間・10畳間用

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙にヤケ・点汚れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

額縁を取り替えましたので状態は良好です。


|←---------------------------- 額幅 154cm ----------------------------→|

(五尺一寸幅)

 

 

 

 

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

額の裏面

ページのトップに戻る

戻る

掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com