[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号

M-029     

価格 売却済み
商品名 秋江独釣
作者 小室翠雲作  小さな掛軸です。
略歴

小室 翠雲 こむろすいうん (1874−1945)
明治7年8月群馬県館林に生まれる。本名貞次郎。父は日本画家小室桂邨。22年近隣足利に住む田崎草雲に師事、31年草雲の没後上京して独学で中国絵画を修める。日本美術協会展で受賞を重ね、日本画会幹事、日本美術協会委員をつとめる。36年私塾環堵画塾を設け、40年の文展開設では旧派の正派同志会の結成に参加、副委員長をつとめる。41年の第2回文展の「青山白雲」をはじめ大正元年まで5回連続して三等賞を受賞、さらに大正2年は二等賞、3年には初の文展審査員をつとめる。大正10年京都の田近竹邨らに呼応して日本南画院を結成、13年帝国美術院会員となる。風景画の名品によって近代南画の一頂点を築き、南画壇の中心にあって活躍、11年中国を旅行、昭和5年ベルリン日本画展のため日本代表としてドイツを訪問、また雑誌「南画鑑賞」を刊行する。昭和16年大東南画院を結成、委員長に就任、19年帝室技芸員となる。昭和20年3月30日東京帝国大学病院で没。享年70才。

本紙 絹本
寸法

ミニ掛軸です→ ご注文の際は寸法のご確認を!

本紙:幅22×高さ28cm
総丈:幅41×高さ131cm (小幅)

軸先

象牙

共箱・タトウ箱付 
状態

本紙・表装共に良好です。

備考 

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

|←----------(軸先除く) 掛軸幅 41cm----------→|

 

掛軸は上質な裂地が使われております。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

  

 

軸先:象牙

 

共箱・タトウ箱付

 

   

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com