[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 M-022     
価格 売却済み
商品名 燕子花  (かきつばた)
作者 森田沙伊作  小さな掛軸です。
略歴

森田 沙伊(もりた さい)
 明治31年北海道札幌の生まれで、大正7年に東京美術学校日本画科に入学し、結城素明らの指導を受け卒業。旧号:沙夷 。昭和3年の第9回帝展に《ことり》で初入選となり、その後も帝展 改組帝展 新文展に《庭前小景》《土間に遊ぶ》などで毎回のように入選を重ね、また9年には福田豊四郎 吉岡堅二らと美術人社を結社し、季刊『美術人』を創刊した。14年の新文展に《孫》で特選となり、また個展を開催した。翌15年の法隆寺金堂壁画模写には荒井寛方班の一員として従事し、17年に《夜梅》を無鑑査出品した。戦後は22年の第3回日展に《花》を招待出品し、以後も日展に少年や犬 婦人を題材とした作品を依嘱出品を重ね、26年には審査員として出品して、34年には前年の出品作《少年》で日本芸術院賞を受賞。以後も新日展 改組日展に《若い人》《仔馬》《二人像》などを発表し、また日展評議員 日展理事 日展参与 日展顧問を歴任して、日本芸術院会員となった。平成5年没。享年 96才。

本紙 絹本
寸法

ミニ掛軸です→ ご注文の際は寸法のご確認を!

本紙:幅24×高さ26cm
総丈:幅40.7×高さ127cm (小幅)

軸先 象牙
共箱・太巻き・二重箱
状態

本紙に点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装は上質な金襴裂地が使われ状態も良好の方です。

天地にヤケ・シワ等ありますが鑑賞には差し支えない程度です。

備考 

初夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

|←-------- (軸先除く)掛軸幅 40.7cm --------→|

 

表装は上質な金襴裂地が使われ状態も良好の方です。

 

 

 

 

点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

 

 

 

 

点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

軸先:象牙 (太巻き心棒付)

 

共箱・太巻き・二重箱

   

箱の表面と裏面


ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com