[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 M-013   
価格 売却済み   ※小さな掛軸です。
商品名 鵜篭
作者 土田麦僊
略歴

土田 麦僊 (つちだ・ばくせん)
明治20年新潟県佐渡に生まれる。初めは鈴木松年に師事し、後に竹内栖鳳に師事した。京都新古美術品展や絵画共進会で受賞を重ね、明治41年の文展に《罰》で初入選で三等賞を受賞するが、42年には京都市立絵画専門学校の別科に入学した。44年に同校を卒業し、同年の文展で褒状を受ける。以後は文展に《島の女》《海女》《散華》《大原女》などを出品し受賞を重ね、更に村上華岳 榊原紫峰 小野竹喬等と国画創作協会を創立し、その定期展に《湯女》《三人の舞妓》《春》を発表し、12年には後の山南社となる、山南塾を設立し、また代表作となる《舞妓林泉図》《芥子》《大原女》《朝顔》などを国画創作協会に発表したが経営難から、昭和3年に同会を解散し、4年には官展に復帰して《畢粟》《明粧》《平林》などの名作を帝展に発表した。帝国美術院会員。昭和11年没。 享年 50才。

本紙 絹本
寸法

ミニ掛軸です→ ご注文の際は寸法のご確認を!

本紙:幅20.8×高さ30cm
総丈:幅31.8×高さ122cm (小幅)

軸先 象牙
共箱・タトウ箱付
状態

本紙にヤケ・薄染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装は状態も良く、画格に釣り合った上質な金襴裂地が使われております。

備考 

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

 

|←--------(軸先除く) 掛軸幅 31.8cm --------→|

 

表装は状態も良く 上質な金襴裂地が使われております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

共箱・タトウ箱付


      

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com