[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 M-002     
価格 23,000円    ※小さな掛軸です。
商品名 養老の瀧  (秋景)
作者 松本楓湖作
略歴 松本楓湖 まつもとふうこ (1840−1923)
天保11年9月常陸国大田村に生まれる。本名敬忠(たかただ)。通称当吉郎。はじめ洋峨、永峨と号す。嘉永6年江戸に出て酒井抱一門下の沖一峨に狩野派を学び、安政2年一峨没後3年に谷文晁高弟の佐竹永海の画塾に入門、5年後には塾頭をつとめるが、水戸藩の志士武田耕雲斎や藤田小四郎らと交友、国事に奔走するが敗れて郷里に蟄居、慶応元年再び江戸に出て画業に専念する。菊池容斎の画風を慕って師事雅号を楓湖と改める。宮内省による歴史画の挿絵画家に選ばれ「幼学綱要」を14年に完成させその名を知られるようになる。安雅堂画塾を開き、師ゆずりの自由放任の教育方針により、今村紫紅、速水御舟をはじめとする多くの逸材を育成した。教科書や新聞・雑誌の挿絵に健筆を振るい、浮世絵一色の挿絵界に新風を吹き込む。29年門下生による巽画会の顧問、31年日本画会結成に評議員、日本美術院創立に正員として参加、各展審査員、大正8年最初の帝国美術院会員となる。9年第2回帝展の大作「川中島」が最後の官展出品となる。大正12年6月22日没。享年82才。
本紙 絹本
寸法

ミニ掛軸です→ ご注文の際は寸法のご確認を!

本紙:幅28×高さ25.5cm
総丈:幅40×高さ116cm 

軸先 プラスチック
合せ箱
状態

本紙はヤケ・薄い染み等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装は天地に軽い折れ・ヤアケ等ありますが
鑑賞には差支えない程度です。

備考 

秋掛としてお楽しみ頂けます。

 

|←--------------- 掛軸幅 40cm --------------→|

↓天に横一筋の折れあります。--------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄い染みありますが気にならない程度です。

 

 



ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com