[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 K-048     
価格 売却済み
商品名 小田原竹を斫る (利休と太閤)  
作者 名取春仙作
略歴

名取 春仙 (なとり しゅんせん)
明治19年山梨県中巨摩郡櫛形に生れる。明治30年に久保田米僊 後に久保田金僊 更に平福百穂に師事した。40年に東京朝日新聞社で、新聞連載小説の挿絵などを担当して、二葉亭四迷の「平凡」などを手掛けた。43年には自著『デモ画集』を刊行し、また石川啄木らの著書の装丁を行い、45年には无声会会員となった。大正4年には百穂 小川芋銭らの珊瑚会に参加し、6年の第4回院展に《潮盈つ珠潮干る珠》で入選し、日本美術院院友となり、昭和に入っても画作を続け、11年春の改組帝展に《再挙》で入選した。また版元 渡邊庄三郎と組んで、役者絵も手掛けて、大正から昭和の30年頃に美人画の伊東深水らと共に、浮世絵版画でも活躍したが、東京青山で妻と共に服毒自殺した。 昭和35年、享年 75才。

本紙 絹本   捲り(マクリ)未表装
寸法

本紙:幅71×高さ55cm  (二尺四寸横・約20号)大幅

大幅です→ ご注文の際は寸法のご確認を!

状態 良好です。
備考 

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

表装・額装仕立て承ります。
この作品は大幅なので30,000円から出来ます。
(お気軽にお問合せ頂けるお店です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com