[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 K-027     
価格 売却済み
商品名 大阪城にて明使を迎う   
作者 矢野橋村・福岡青嵐合作
略歴

矢野橋村 やのきょうそん (1890−1965)
 明治23年愛媛県越智郡の生まれで、永松春洋に師事した。名は一智。別号は知道人。大正2年の第7回文展の第一科に《湖山清暁》で初入選で褒状となり、翌3年、4年にも連続して褒状を受け、10年には日本南画院の結成に参加し、創立同人となり、その定期展に出品した。13年に福岡青嵐や洋画家の斉藤与里らと私立の大阪美術学校を創設。また昭和元年 5年の聖徳太子奉讃美術展に出品し、また帝展にも2年から毎回出品して、3年には《暮色蒼々》で特選となり、翌4年から帝展推薦 審査員を務めた。後には帝展指定、文展委員となり、新文展にも無鑑査出品を行なった。戦後は21年秋の第2回日展から出品し、審査員を重ねて、25年には画塾展(主潮社展)を再開し、35年に日本南画院の副会長(39年会長)となり、36年には前年の日展出品作《錦楓》で日本芸術院賞を受賞した。大阪府芸術賞 大阪市民文化賞。また日展運営会参事 日月社顧問 日展評議員などを歴任した。(矢野鉄山は甥)昭和40年大阪府豊中市で没。 享年 76才。

福岡 青嵐 (ふくおか せいらん)
明治12年熊本県生まれ 明治12年熊本県生まれ。東京美術学校卒。大正8年矢野橋村らと主潮社を結成。大正13年斎藤与里らと大阪美術学校を創設。昭和5年帝展に入選。その後は青龍社に転じ昭和8年青龍社第5回展で初入選。昭和10年青龍社社人となる。昭和29年75才歿。

本紙 紙本   捲り(マクリ)未表装
寸法

本紙:幅57×高さ34cm  (二尺横)

状態 染抜き・洗いをして裏打ちを致しましたので状態は良好です。
備考 

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

表装・額装仕立て承ります。
※表装は20,000円から出来ます。
(お気軽にお問合せ頂けるお店です)

 

 

 

染抜き・洗いをして裏打ちを致しましたので状態は良好です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢野橋村・福岡青嵐合作



ページのトップに戻る

戻る

骨董・古美術・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com