[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-090    
価格 売却済み
商品名 墨松小禽  
作者 榊原紫峰作
略歴

榊原 紫峰 (さかきばら しほう)
明治20年8月京都市に生まれる。本名安造。父は日本画家榊原蘆江、兄は榊原佳山、弟は榊原苔山、榊原始更。明治40年京都市立美術工芸学校絵画科を卒業、研究科に進級。2年京都市立絵画専門学校が開設され、二年生に編入、44年同校の一期生として兄佳山とともに卒業、大正2年まで研究科に学ぶ。42年第3回文展に「動物園の猿」で初入選、43年褒状、44年三等賞、大正2年褒状を受けるが翌年落選、翌4年横山大観のすすめで再興第2回院展に陳列される。5年第10回文展でも落選する。 6年第11回文展では入選するが無賞に終る。7年土田麦僊、村上華岳、野永瀬晩花とともに国画創作協会を創立、国展と呼ばれた定期展を開始、東洋画の精神を汲んだ新しい日本画を切り開いた大作・名品を毎回発表するが、昭和3年経営不振から国画創作協会を解散する。 同年帝展推薦、12年新文展参与、14年新文展審査員となるが官展不出品を通し、画壇から離れ、母校絵画専門学校教授として後進の指導に専念する。戦後も24年から京都美術大学教授、36年名誉教授となる。 37年日本芸術院恩賜賞を受賞。昭和46年1月7日京都市で没。享年83才。

本紙 紙本  (団扇台紙貼り)
寸法 本紙:幅25×高さ24cm
総丈:幅38.4×高さ145cm
軸先 象牙

鑑定箱・太巻き・二重箱 

(箱書き鑑定人は紫峰先生の長男:榊原純一氏)

備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に良好です。

 

|←----------- 軸幅 38.4cm ------------→|

 

 

 

 

 

鳥名は鵲(カササギ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙 (太巻き心棒付

 

 

 

 

 

鑑定箱・太巻き・二重箱

     

箱の表面と裏面

(箱書き鑑定人は紫峰先生の長男:榊原純一氏)




ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com