[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-089    
価格 売却済み
商品名 早春
作者 鏑木清方作
略歴

鏑木 清方 (かぶらぎ きよかた)
明治11年東京に生まれる。水野年方に師事。初めは[やまと新聞] [人民新聞社] [読売新聞社]や雑誌などをの挿絵を多く手がけ挿絵画家として知られた。明治30年代からは、日本絵画協会の絵画共進会に出品し、また烏合会を結成して《一葉女史の墓》などを出品。42年の第3回文展に初入選し、以後は文展に入選や受賞を重ね、大正6年の文展に《黒髪》で特選を受賞。7年には帝展推薦で《ためさるゝ日》を出品し、8年に《妖魚》昭和2年には《築地明石町》を出品して第3回帝国美術院賞を受賞。のち帝国美術院会員となる。その後も帝展に《三遊亭円朝像》《慶喜恭順》など風俗画の名作を発表。戦後も日展に出品を重ね、また清流会 白寿会 薫風会 浜名寿会などの画廊主催展を制作発表の場とした。文化勲章を受章して文化功労者となり、後に鎌倉市で没した。 昭和47年没。享年 95才。

本紙 紙本  (尺幅立)
寸法 本紙:幅29×高さ115cm
総丈:幅41.7×高さ205cm
軸先 蒔絵
共箱・二重箱
備考

※(東京美術倶楽部鑑定委員会・鑑定証書付)

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に良好です。

表装の裏面に浮き等ありますが鑑賞には
問題無しです。


(東京美術倶楽部鑑定委員会・鑑定証書付)

↓↑表面と裏面↓↑

 

 

美人画に良く映る上品な金襴裂地があてられております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 



ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com