[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-081  
価格 売却済み
商品名 秋景山家
作者 朝井観波作
略歴

朝井 観波 (あさい かんぱ)
 明治30年6月4日、東京本郷に生まれる。本名行五。父は漢学者。川端画学校、のち日本美術院研究所に学ぶ。大正6年再興第4回美術院展に「盂蘭盆」で初入選。同年荒井寛方に従い、インドを訪れ、アジャンター壁画を模写する。大正7年と9年にも院展に入選、日本美術院院友となるが、平福百穂の画風にひかれ、大正11年日本美術院を脱退する。荒木十畝に師事、読画会に属し、昭和2年第8回帝展に「軍鶏を呼ぶ少女」で初入選。4年・8年・9年と帝展に入選する。11年秋の文展監査展に「鯉」が入選するが、以後官展の出品はない。昭和60年11月6日没。享年88才。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法 本紙:幅41×高さ130cm
総丈:幅55.4×高さ218cm
軸先 象牙
合せ箱・タトウ箱付
備考

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙は良好です。

表装に点汚れ等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装は上質な金襴裂地が使われております。

 

表装は上質な金襴裂地が使われております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合せ箱・タトウ箱付

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com