[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-060    
価格 売却済み
商品名 薔薇花
作者 富取風堂作
略歴 富取 風堂 (とみとり・ふうどう)
明治25年東京日本橋に生れる。明治36年松本楓湖の安雅堂画塾に入門。大正4年に赤曜会に参加し、第2回院展に《河口の朝》で初入選し、横浜の原三渓の援助を受けた。9年から院展に入選を重ね、13年に日本美術院同人となる。以後は《游鯉》《葛西風景》《群魚》を発表した。また昭和元年の聖徳太子奉讃美術展に《漁家春光》《魚蟹図》昭和11年春の改組帝展に《霜汀》で入選し、19年の戦時特別文展に《鰻》を無鑑査出品した。戦後は25年から31年に日展にも依嘱出品を行い、33年に日本美術院評議員となり、41年に《母子の馬》で文部大臣賞を受賞した。日本美術院監事 千葉県文化功労者 横山大観記念館常務理事。昭和58年(1983) 享年 92才。
本紙 紙本  (尺八横)
寸法 本紙:幅50.5×高さ43cm
総丈:幅66.3×高さ144cm
軸先 象牙
共箱・太巻き・二重箱
備考

この花は古代中国から渡来した、庚申薔薇(こうしんばら)と呼ばれ、、四季を通じて咲くことから《長春》の花として親しまれています。

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙は良好です。

天と軸棒に点染み・汚れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

|←--------------------- 掛軸幅 66.3cm --------------------→|

(尺八横)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇が引き立つように周りには金泥が配されてあります。

 

 

 

 

 

本紙に汚れの様に見える物は麻紙の皮入り紙であり汚れではありません。

作品の味わい深さを表現するためにあえて使われたものと思われます。

 

 

天に点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

軸棒に薄汚れありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

軸先:象牙

 

太巻き芯棒付

 

共箱・太巻き・二重箱

 

   

箱の表面と裏面



ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com