[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-051  
価格 売却済み
商品名 紅梅仔犬
作者 山口華楊作
略歴

山口華楊 やまぐちかよう (1899−1984)
 明治32年10月京都市に生まれる。本名米次郎。兄は日本画家山口玲X。45年西村五雲に師事、大正5年師の勧めで京都市立絵画専門学校別科に入学、8年卒業研究科に進級10年修了する。在学中の5年第10回文展に「日午」で初入選、7年にも入選。8年、師の勧めで竹内栖鳳の竹杖会に参加する。帝展に大正9年第2回から連続入選、昭和2年第8回帝展に「鹿」、3年9回展に「猿」で連続して特選、4年帝展推薦となり以後帝展に出品を続ける。11年画壇の革新を目指す中堅日本画家による水明会の結成に参加、13年五雲の死去で晨鳥社は解散するが、新晨鳥社を結成する。11年絵画専門学校助教授のち教授となり24年まで後進の指導に当たる。また、九名会、春虹会の発足に参加する。戦後は21年秋の第2回日展から審査員をつとめ、出品を続ける。24年日展運営会参事、25年参与、33年評議員、44年理事、47年常務理事、50年顧問となる。 31年日本芸術院賞、46年日本芸術院会員、56年文化勲章を受章する。 四条派の伝統をふまえ、特に動物画の第一人者として活躍した。昭和59年3月16日京都市で没。享年84才。

本紙 絹本  (尺二立)
寸法 本紙:幅33×高さ125cm
総丈:幅46×高さ176cm
軸先
鑑定箱 (箱書き鑑定人不詳
備考

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に良好です。

 

 

 

 

本紙上部の茶色い箇所は汚れでは無く金泥引きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共箱・二重箱

        

箱の表面と裏面

(箱書き鑑定人不詳


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com