[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 R-024    
価格 46,000円
商品名 達磨
作者 竹田霞村作 (別号:大愚
略歴 竹田霞村 たけだかそん(1884−1955)
本名は豊太郎、号は霞村・水鶏舎・悦々・大愚と称した。明治17年3月3日、元高松村村長竹田門太郎の長男として、現出雲市下横町に生まれる。 幼少より画才に恵まれ、すでに杵築中学校(現大社高等学校)在学中より逸材として評価されていた。明治37年4月、東京美術学校日本画科に入学。下村観山に学ぶ。在学中、(明治40年頃)の校内水彩画展では「黄昏」を出品し第一席となった。卒業後も、川端玉章・下村観山に師事したが、会派には属することなく画業に専念した。ところが、当時の新旧各派の争いに嫌気がさしていた霞村は、たまたま父の病を機に大正5年10月に帰郷。その後は中央展に一度も出品することなく、故郷で独自の画業に励んだ。霞村の作品には、大観・観山らが興した朦朧体とよばれる没骨法を用いたものから、さらに雲谷派・土佐派・狩野派・四条円山派等あらゆる日本の古典画からの影響が強く感じられる。わけて、四条派と琳派の画風に傾注し、装飾体の花鳥画を得意としている。昭和30年11月18日没。享年72才。
本紙 紙本  (尺二アンドン)
寸法 本紙:幅32×高さ72cm
総丈:幅45.3×高さ168cm
軸先 唐木
鑑定箱  (霞村の長男:太郎氏識)
備考 年中掛けとしてお楽しみ頂けます。
状態 本紙・表装共に良好の方です。

 

 

 

 

(別号:大愚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑定箱

 

        

箱の表面と裏面

達磨 霞村筆  昭和55年6月 竹田太郎識 (霞村の長男:太郎氏識)



ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com