[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-107    
価格 18,000円
商品名 山村之春 (梅花山家)
作者 榊原苔山作
略歴

榊原 苔山 (さかきばら たいざん)
明治23年京都市に生まれる。本名秀次。父は日本画家榊原蘆江、兄は榊原佳山、榊原紫峰。明治41年京都市立美術工芸学校絵画科、45年京都市立絵画専門学校を卒業、竹内栖鳳に師事する。在学中の42年第3回文展に「五月雨」で兄紫峰とともに初入選、以後一貫して官展に出品を続ける。大正元年第6回文展に「枇杷」で褒状を受け、昭和5年帝展推薦となり、帝展には入選を含め12回出品する。11年秋の文展招待展に「初秋」を招待出品、13年と18年の新文展に「鰯」「焼ケ嶽」をも鑑査出品する。また15年春の紀元二千六百年奉賛日本画大展に「富獄」を招待出品、19年戦時特別文展に「富獄」を無鑑査出品、最後の官展となる。竹杖会会員でもある。 昭和38京都市で没。享年73才。

本紙 絹本   (尺八横)
寸法 本紙:幅50.8×45cm
総丈:幅66×148cm
軸先 樹脂
共箱・二重箱
備考

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。
(1月〜3月)

状態

本紙下部に薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装は良好です。


|←-------------(軸先除く) 掛軸幅 66cm ---------------→|

八横)

 

【梅花山家】

 

一文字の下部に2o程度の糊染みありますが鑑賞には気にならない程度です。↓

 

 

↑本紙下部に薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↑

 

 

 

 

 

 

共箱・二重箱

   

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com