[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-106  
価格 160,000円
商品名 若鮎
作者 堅山南風作
略歴

堅山 南風 かたやま なんぷう (1887−1980)
明治20年9月熊本市に生まれる。本名熊次。苦学しながら絵画への関心を深め、42年同郷の日本画家山中神風に連れられて上京、高橋広湖に入門する。 巽画会で受賞、文展に落選を重ねるが、大正2年第7回文展の第二科に「霜月頃」で初入選、横山大観の強力な押しで二等賞を受賞する。この作品は、旧藩主細川護立に買い上げられ、以後細川家の庇護を受けることになる。また審査を巡り意見の対立を見て、翌3年第二科は廃止され大観は審査員から除かれる。大観は日本美術院を再興、大観を終生師と仰ぐことになる。以後院展に出品を重ね、一時健康を害し、スランプに陥るが、入選を続ける。戦後は21年から院展に出品、32年第42回院展に「大観先生」を出品、さらに「応接間の人」「静子夫人」も加わり肖像画連作で独自の画境を深める。日展にも21年から32年まで9回出品する。33年日本芸術院会員、日本美術院監事のち理事、常務理事、43年文化勲章を受章する。伝統を重んずる日本美術院にあって常に新しさを求め続ける。昭和55年12月30日静岡県函南町のアトリエで没。(自宅は東京世田谷区) 享年93才。

本紙 絹本   (尺八横)
寸法 本紙:幅51×42cm
総丈:幅65×142cm
軸先 象牙
共箱・二重箱
備考

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に良好です。

掛軸は上質な元裂地を使って仕立て直しましたので
綺麗です。 (手打ち表装)

 

|←---------------(軸先除く) 掛軸幅 65cm ---------------→|

八横)

掛軸は上質な元裂地を使って仕立て直しましたので綺麗です。 (手打ち表装)

 

 

 

 

 

 

 

花名は萱草(かんぞう) 忘れ草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

共箱・二重箱

   

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com