[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-099   
価格 売却済み
商品名 初期戯筆 人物
作者 橋本関雪作
略歴 橋本 関雪 (はしもと かんせつ)
明治16年神戸市に生まれる。幼名成常、のち関一。父は儒学者橋本関海。幼少から中国の古典や書画の素養を身につけ、28年四条派の画家片岡公曠に学び。36年竹内栖鳳の竹杖会に入熟、本格的な四条派を学び、41年第2回文展に「鉄嶺城外の宿雪」で初入選、42年から大正元年第6回文展まで連続して褒状を受ける。大正2年はじめて中国を旅行、以後度々中国を訪れる。はじめ中国や日本の故事などを描き晩年に動物画へと移行して数々の名品を遺した。また新南画と呼ばれる画風を究めた。昭和20年京都市で没。享年61才。
本紙 紙本   (小幅立)
寸法 本紙:幅21.8×101cm
総丈:幅32.8×190cm
軸先 象牙

鑑定箱・二重箱 (孫・橋本帰一氏鑑定箱書き)

備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に傷み等ありますが近年上質な裂地にて
仕立て直しがなされ状態は良好です。

 

掛軸の状態は良好です。

 

 

本紙に傷み等ありますが近年上質な裂地にて仕立て直しがなされ状態は良好です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関雪 戯筆 (若描き)

 

軸先:象牙

鑑定箱・二重箱

 (孫・橋本帰一氏鑑定箱書き)

   

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com