[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-080    
価格 売却済み
商品名 朝  (大原女)
作者 海老名正夫作
略歴

海老名 正夫 (えびな まさお)
大正2年(1913) 京都市の生まれで、父は日本画家 海老名長紅で京都市立絵画専門学校の研究科に学んだ。初めは菊池契月に師事し、後に宇田荻邨に師事した。昭和12年の第1回新文展に《爽(さわやか)》で初入選し、以後は新文展などに入選を重ねた。また15年の紀元二千六百年奉祝日本画大展にも《晴日》で入選した。戦後は21年秋の第2回日展から入選を重ねて、28年に《かヾみ》で白寿賞を受賞した。また30年には荻邨の画塾 白申社の結成に参加。同年の第12回日展に《水田》で特選 白寿賞を受賞、45年には《田植えの女》で再び特選となる。51年に日展会友となる。また京展にも出品し京展賞や審査員を務め、また再建された京都小御所の襖絵を制作した。昭和55年(1980) 没。享年 68才。

本紙 絹本   (尺八横)
寸法 本紙:幅49.7×45cm
総丈:幅65.5×141cm
軸先 樹脂
共箱
備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装は軽い折れ・裏面の裏打ちの浮き等ありますが
鑑賞には差支えない程度です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共箱・太巻き

 

       

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com