[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-022    
価格

売却済み

商品名 勅題 新年海 (伊勢海老と蛤)
作者 今尾景年作
略歴

今尾 景年 (いまお けいねん) 1845−1924
 弘化2年8月12日京都に生まれる。幼名猪三郎。名は永勤、字は予裕。別に養素斎、聯自楽居と称した。はじめ浮世絵師梅川東挙に学び、後に鈴木百年に学んだ。諸家の画法を研究して花鳥画を得意とし、明治13年京都府画学校に出仕、明治28年第4回内国勧業博覧会で「耶馬渓」が2等賞となり、画壇にデビューした。明治40年文展開催とともに審査員となり、大正8年帝国美術院会員となった。京都写生派の代表的画家で、門下に木島桜谷、上田萬秋らがいる。大正13年10月5日死去。享年80才。

本紙 紙本   (尺一立)
寸法 本紙:幅31.8×118cm
総丈:幅45×207cm
軸先 象牙
共箱・二重箱
備考

勅題(ちょくだい)とは
天皇が出題する詩歌などの題。特に、明治2年(1869)以降毎年行われている歌会始めの題。

【勅題 新年海】 伊勢海老蛤之図
明治(36年)癸卯(みずのと う)一月の作

【海老は長寿の象徴】
 曲がった腰と長いヒゲと脱皮を繰り返すことから
古来より縁起が良いとされております。

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

※特に正月・お祝掛けとしておすすめです。

状態

本紙は良好です。

表装は総裏を打ち替えましたので
状態は良好です。(手打ち表装)

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地が
使われいます。

 

表装は総裏を打ち替えましたので状態は良好です。(手打ち表装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

共箱・二重箱

     

箱の表面と裏面

表面: 勅題 新年海

裏面: 明治(36年)癸卯(みずのと う)一月題画面景年 印

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com