[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 F-010    
価格 売却済み
商品名 雁来紅 (ガンライコウ)葉鶏頭の別名。
作者 川崎小虎作
略歴

川崎 小虎 かわさきしょうこ (1886−1977)
明治19年5月岐阜県に生まれる。旧姓中野、本名隆一。祖父は日本画家川崎千虎。28年上京して祖父千虎のもとで大和絵を学び、35年千虎の没後は高弟小堀鞆音について大和絵を学ぶ。39年川崎家を嗣ぎ、43年東京美術学校日本画科を卒業、小学校教員となる。45年広島晃甫らと行樹社を結成、大正3年第8回文展に「つき草」で初入選、5年第10回文展に「花合わせ」で特選となる。その後文展、帝展に次々と代表作となる名品を出品。この間4年から日本美術学校、帝国美術学校教授となり、5年私塾を開く。10年帝展参与、12年日本画院結成に参加、15年従軍画家として中国に赴く、18年加藤栄三、娘婿の東山魁夷らと国士会を結成、山梨県落合村に疎開する。戦後は、21年第1回日展から出品。審査員をつとめる。36年日本画壇に貢献した功績により日本芸術院恩賜賞を受賞。43年脳溢血で倒れるが制作意欲は衰えず、左手で水墨画を制作、個展を毎年のように開く。40年日展監事、42年武蔵野美術大学名誉教授、44年日展顧問となる。 初期には抒情的な瑞々しい作品を発表、やがて人間味豊かな作風さらに枯淡な作品により画境を深めた。 昭和52年1月東京杉並区で没。享年90才。 

本紙 絹本 (尺幅立)
寸法 本紙:幅26×111cm
総丈:幅38.6×198cm
軸先
共箱
備考

雁来紅(ガンライコウ)とは
【雁の来るころに葉が紅色になることから】
葉鶏頭(ハゲイトウ)の別名。

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に薄い点染みありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装の裏面上部にヤケ・点染み等ありますが
鑑賞には差支え無い箇所です。

表装の表面は天地に軽い折れと地の左箇所に
裂地の継ぎあとの薄ヤケが ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

 

 

 

 

 

本紙に薄い点染みありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------
地の左箇所に裂地の継ぎあとの薄ヤケが ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

↑表装の裏面上部にヤケ・点染み等ありますが鑑賞には差支え無い箇所です。↑

 

共箱

 

     

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com