[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-068    
価格 売却済み
商品名 祥鶴
作者 貴道秋皓作
略歴

真道 秋皓 (しんどう しゅうこう)
明治33年熊本県宇土に生れる。日本画家の真道黎明は兄。同郷の堅山南風に師事した。大正14年の第12回院展に《薄暮》で初入選し、その後は昭和元年の第1回聖徳太子奉讃美術展に《赤倉雪景》で入選し、同年の院展に《深秋》4年に《柿生村風景》で夫々入選し、日本美術院院友となった。また翌5年の第2回聖徳太子奉讃美術展に《春近し》で入選し、16年には奈良の当麻寺の天井画を前田青邨 安田靫彦と共に揮毫した。戦争時は長崎県五島福江島に疎開し、戦後は院展に再び入選を重ねたが、後は中央画壇から離れて画作を行った。昭和55年没。享年 81才。

本紙 絹本  (尺八横)
寸法 本紙:幅50.8×45cm
総丈:幅66.7×142cm
軸先 象牙
共箱・太巻き・タトウ箱付
備考

鶴は古来よりめでたい鳥として尊ばれてきました。

慶事掛け全般にお使い頂けます。
 (お正月・御祝い事)

状態

本紙に薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装の表面は良好です。

表装の裏面に点染み等ありますが鑑賞には問題ない箇所です。

 

|←----------------- (軸先除く)掛軸幅 66.7cm -----------------→|

(尺八横)

上質な金襴裂地が使われております。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓表装の裏面に点染み等ありますが鑑賞には問題ない箇所です。 ↓

 

 

軸先:象牙 (太巻き芯棒付)

【太巻き芯棒の取り扱い方】←クリック

ご鑑賞時には太巻き芯棒を外してご覧下さい。
掛軸をしまう時は必ず太巻き芯棒を挟んで巻いて下さい。

※太巻き芯棒は岩絵具の剥離・折れ等を防ぎ作品の状態を出来るだけ良好に保つためのものです。

共箱・太巻き・タトウ箱付

 

   

合せ箱・タトウ箱付

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com