[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-050    
価格 36,000円
商品名 晩秋鶉
作者 森 白甫作 
略歴

森 白甫 (もり・はくほ)
 明治31年東京浅草に生れる。父は日本画家の森白畝。荒木十畝に師事して読画会に所属。大正14年第6回帝展に《巣篭る鷺》で初入選となり、以後も帝展に毎回のように入選を重ね、昭和6年と8年に《海辺所見》《地心洋洋》で特選となり、9年には帝展推薦となり、《海浜小景》を出品し、また同年には福田豊四郎、吉岡堅二らと美術人社を結社し、季刊『美術人』を創刊。10年には第一部会の結成に実行委員として参加した。11年秋の文展招待展に《飛鴨》を招待出品し、13年日本画院の結成に同人として参加し、翌14年には審査員として《錦鱗》を出品し、18年には委員として《朝》を出品した。戦後は22年から度々審査員を務め、33年には前年の出品作《花》で日本芸術院賞を受賞。また日展参与 日展顧問 多摩造形芸術専門学校 多摩美術大学教授を歴任。日本芸術院会員となり東京で没した。昭和55年没。 享年 83才。

本紙 絹本   (尺二立)
寸法 本紙:幅33.4×116cm
総丈:幅48.6×209cm
軸先 象牙
合せ箱・タトウ箱付
備考

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙にヤケ・薄い点染み等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装は天地替えを致しましたので綺麗です。
裂地も上質な金襴裂地が使われ状態も良好です。


  

表装は上質な金襴裂地が使われ状態も良好です。

天地替え致しましたので綺麗です。

 

本紙にヤケ・薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合せ箱・タトウ箱付

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com