[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-030    
価格 売却済み
商品名 納涼美人
作者 横尾芳月作
略歴

横尾芳月 よこおほうげつ (1899−1990)
明治32年1月福岡博多に生まれる。本名徳治郎。43年郷土の画家西村草文に四条派を学び、大正6年上京して鏑木清方門下の池田輝方に入門、美人画を修め、巽画会展に入選する。10年師輝方の没後は、蔦谷龍岬について大和絵を学ぶ。15年第7回帝展に「阿蘭陀土産」で初入選、以後帝展に昭和6年まで毎回入選、昭和5年第2回聖徳太子奉賛美術展に「妍春」で入選、8年師龍岬の没後は輝方と同門の伊藤深水と山川秀峰塾による青衿会の結成に参加、委員をつとめる。17年第5回新文展に「もみぢ」翌18年第6回展に「澄心」で入選する。戦後は25年日月社の結成に委員として参加、日展は22年3回展、26年7回展で入選、疎開先の長野県から千葉市に移住、以後日展、新日展に現代女性を描いた作品で入選を重ね、41年第9回新日展の「緑庭」を最後に公募展から離れ、個展や千葉県美術展を中心に制作発表する。56年千葉市教育功労賞を受賞。平成2年没。享年91才。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法 本紙:幅41.7×129cm
総丈:幅55.3×223cm
軸先 水晶
合せ箱
備考

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共に経年のヤケ・折れ等ありますが
鑑賞には差支えない程度と思います。

※鑑賞には差支えない程度と思いますが、折れ・汚れ等の傷みがどうしても気になる方は 表装を特別価格にて承りますのでお気軽にご相談下さいませ。

お買い求め頂いた後でも、特別価格で表装承ります。

 

表装に薄い汚れ等あります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本紙にヤケ・薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

【拡大画像なので特に目立って見えます】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑折れが目立つように上から照明を当てて写しました。↑

 

表装に薄い汚れ、天地に折れ等あります。

  

 

 

軸先:水晶

 

 

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com