[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-008    
価格 35,000円
商品名 地畔  (杜若・燕子花 )かきつばた
作者 松本姿水作
略歴

松本 姿水 (まつもと しすい)
明治20年栃木県宇都宮に生まれる。本名秀次郎。明治35年に上京し、初めは洋画を学び白馬会洋画研究所に通う。後に日本画に転じて、大正2年の第7回文展に《初秋の朝》で初入選する。大正6年に川合玉堂に師事した。帝展には8年の第1回から《薫風》《名残りの春》《田園新秋》などで連続して入選を重ね、14年に《暮るゝ春》で特選となり、昭和元年の第1回聖徳太子奉讃美術展にも出品し、翌2年に帝展委員となる。また3年には同門の磯部草丘らと戊辰会を結成し、5年の第2回聖徳太子奉讃美術展には無鑑査出品し、9年の帝展には審査員として《夕づく日》を出品した。13年には川崎小虎 望月春江等と日本画院を結成し、創立同人として定期展に出品を行ない。また同年から新文展にも無鑑査出品を行なった。戦後は22年の日展に《びいるむぎ》を招待出品し、24年からは連続して依嘱出品を行った。大和絵による風景画で知られ、東京で没した。昭和47年歿。享年86歳。

本紙 絹本 (尺八横)
寸法 本紙:幅51.6×39cm
総丈:幅66.8×141cm
軸先 象牙
共箱・タトウ箱付
備考

初夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙は良好です。

表装に軽い折れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

掛軸の裏面にヤケ・浮き等ありますが鑑賞には問題ない箇所です。

 

|←----------------- (軸先除く)掛軸幅 66.8cm ------------------→|

(尺八横)

表装は上質な金襴裂地が使われております。

 

花名は(燕子花 ・杜若)かきつばた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表装に軽い折れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

↓照明を斜めから当てて折れが目立つ様に写しました。↓

 

↓裏面にヤケ・浮き等ありますが鑑賞には問題ない箇所です。↓

 

 

共箱・タトウ箱付

 

     

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com