[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-007     
価格 27,000円
商品名 暁鶏図 (ギョウケイズ)
作者 川端玉章作
略歴

川端玉章 かわばたぎょくしょう(1842−1913)
天保13年3月京都の蒔絵師川端佐兵衛の子として生まれる。本名滝之助別号敬亭、璋翁など。幼少より円山派の中島来章に学び、円山応挙に私淑し、画論を小田海僊に学ぶ。慶応2年江戸に出て一時高橋由一門にあって油絵を学んだ。明治15年第1回、明治17年第2回内国絵画共進会で続けて銅賞を受け明治22年東京美術学校に円山派の写生画教授として迎え入れられた。明治29年帝室技芸員、明治30年古社寺保存会委員となり、明治40年文展開設以来その審査員をつとめる。 明治42年川端画学校を設立し、多くの子弟を育てた。翌年病気を理由に東京美術学校を退官した。大正2年2月14日71才で死去。

【箱書き鑑定】 田中 頼璋 (たなか・らいしょう)
 慶応2年島根県生まれ。名は大治郎。川端玉章門下。山水画を好んで描く。巽画会審査員・日本画会評議員・帝展審査員。川端画学校教授。文展特選。帝展委員。昭和15年(1940)歿・75才。

本紙 絹本  (二尺横)
寸法 本紙:幅57×高さ43cm
総丈:幅71.5×高さ145cm
軸先 象牙蓋

鑑定箱・タトウ箱付 (弟子の田中頼璋鑑定箱)

箱の表面:暁鶏図   
箱の裏面:先師玉章翁真蹟 頼璋泰 印

状態

本紙に経年のヤケ等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装のヤケ・天に巻き癖のシワ等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。

備考

暁鶏(ぎょうけい)とは。夜明けを知らせる鶏の鳴き声。

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

画格に合った上質な金襴裂が使われております。

特に(鶏)酉年生まれの方か、向う干支(兎)卯年の方に
縁起が良いとされています。




|←----------------- (軸先除く)掛軸幅 71.5cm ------------------→|

(二尺横)

画格に合った上質な金襴裂が使われております。

 

暁鶏(ぎょうけい)とは。夜明けを知らせる鶏の鳴き声。

 

 



 

 





 

 

 


↓天に巻きシワがありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

鑑定箱・タトウ箱付

  

箱の表面と裏面

表面:暁鶏図   裏面:先師玉章翁真蹟 頼璋泰 印 


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com