[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-002     
価格 95,000円
商品名 躍鯉A
作者 松浦 満作 
略歴

松浦 満(まつうら・みつる)
明治41年、隠岐郡都万村に漁業を営む松浦源市の長男として生まれる。上京し、山口県萩市出身の近代南画の代表的な画家松林桂月の門に入り、日本画を修行。昭和9年第15回帝展に初入選した。戦後は日展に出品を続ける。昭和22年第3回日展で「隠岐の海」が特選に、同25年第6回日展で「凧」が白寿賞を、さらに第7回日展で「港」が特選を受ける。日展会員として審査員も務めた。特に海や鯉など水にちなんだ作品を得意とする。晩年は、港で生活する人々の暮らしを数多く描いた。平成10年脳梗塞のため倒れ、東京都青梅市にて90才で没した。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法

本紙:幅41.5×高さ114cm
総丈:幅54×高さ197cm

軸先 象牙
共箱・太巻き・二重箱
状態

本紙は良好です。

表装は地の左側に一ヶ所軽い折れ等
ありますが鑑賞には気にならない程度です。

備考

鯉は黄河竜門の瀧を昇り竜と化すと言う伝説から立身出世・繁栄の象徴とされて来ました。端午の節句掛け・年中掛けとしてもお使い頂けます。

※特に躍鯉は男の子の健やかな成長を願って端午の節句の掛軸としてもおすすめです。

※お子様・お孫様の誕生祝いとして最適です。





 

 

 

 

 



躍鯉は男の子の健やかな成長を願って端午の節句の掛軸としてもおすすめです。

 

 

 

 











 






 





 

 


 

 

 

↑地の左側に軽い折れありますが気にならない程度です。


軸先:象牙


太巻き

 

共箱・太巻き・二重箱

 

     

箱の表面と裏面

 

ご鑑賞時には太巻き芯棒を外してご覧下さいませ。

 

 

掛軸をしまう時は必ず太巻き芯棒を挟んで巻いて下さい。

 

 

 

 

 

 



 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com