[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 E-001     
価格 売却済み
商品名 寿果  (桃に雀)
作者 山本倉丘作
略歴

山本 倉丘 やまもと・そうきゅう 「1893−1993」
明治26年高知県に生れる。本名伝三郎。大正7年山元春挙の早苗会に入塾し同時に京都市立絵画専門学校で学ぶ。大正15年第7回帝展に「麗日」で初入選、昭和9年の第15回帝展まで連続入選する。昭和8年師春挙が歿し17年に早苗会が解散したため翌18年に堂本印象に師事、東丘社展に出品する。昭和33年日展の評議員となる。43年京都市文化功労者、49年日展参与、55年日展参事となり京都府美術工藝功労者となる。63年第6回京都府文化賞特別功労賞を受賞。近代的な感覚の花鳥画で知られる。平成5年京都市で歿。享年99歳。

本紙 絹本  (尺幅立)
寸法 本紙:幅27.8×高さ142cm
総丈:幅40×高さ209cm
軸先 象牙
共箱・タトウ箱付
状態

本紙にヤケ・薄い点染み・折れ等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

掛軸は状態も良く 裂地も上質な金襴裂地が
使われ上品な仕立てになっております。

裏面の巻裏にヤケ・点染み等ありますが
鑑賞には問題ない箇所です。


備考

桃の木は魔除けとして用いられ、仙桃を食べると不老長寿
になれるという伝説。

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。



掛軸は状態も良く 裂地も上質な金襴裂地が使われ上品な仕立てになっております。





桃の木は魔除けとして用いられ、仙桃を食べると不老長寿になれるという伝説。










 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓照明を斜めから当てて折れが目立つ様に写しました。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓裏面の巻裏にヤケ・点染み等ありますが 鑑賞には問題ない箇所です。 ↓

 

 

軸先:象牙

 

共箱・タトウ箱付

            

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com