[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。



商品番号

D-100     

価格 売却済み
商品名 海幸
作者 山本紅雲作
略歴

山本 紅雲(やまもと こううん)
明治29年兵庫県に生まれる。竹内栖鳳に師事。大正6年第11回文展に「川辺」で初入選、8年第1回帝展から毎回のように入選を重ね、昭和2年京都市立絵画専門学校別科を卒業、5年第2回聖徳太子奉賛美術展に「山裾の池」を無鑑査出品、8年帝展推薦となる。12年からの新文展には無鑑査出品をする。戦後は22年第3回日展から入選を重ね、27年第8回日展から依嘱出品。51年日展会友となる。平成5年京都市で没。享年96才。

本紙

絹本  (二尺一寸横) 大幅

寸法

本紙:幅60.3×高さ50cm
総丈:幅80×高さ170cm 

軸先 象牙
共箱・太巻き・二重箱
備考

赤は「生」を象徴する色として古くから吉兆とされてきました。鯛は鮮やかな赤色と「めでタイ」に通じることから縁起がよい魚として喜ばれ、祝い膳では尾頭付きで出てきます。この作品ではそんな鯛がそり返った活きのいい姿で描かれています。また、お祝いの席に欠かせぬ掛軸です。

祝い掛け・慶事掛けとしてお使い頂けます。

状態

本紙は良好です。

表装は天の左側に一ケ所点染み等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。

 

|←--------------------- (軸先除く) 軸幅 80cm--------------------→|

(二尺一寸横)大幅

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地があてられ状態も良好です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↑天の左側に一ケ所点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

↓掛軸裏面の上部裏巻きに薄い点染み等ありますが鑑賞には差支えない箇所です。↓

 

 

軸先:象牙 (太巻き芯棒付)

【太巻き芯棒の取り扱い方】←クリック

ご鑑賞時には太巻き芯棒を外してご覧下さい。
掛軸をしまう時は必ず太巻き芯棒を挟んで巻いて下さい。

※太巻き芯棒は岩絵具の剥離・折れ等を防ぎ作品の状態を出来るだけ良好に保つためのものです。

共箱・太巻き・二重箱

 

   

箱の表面と裏面

 

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com