[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。



商品番号 D-067 
価格 売却済み
商品名 田家之残雪
作者 庄田鶴友作
略歴

庄田 鶴友 しょうだ かくゆう (1879−1948)
明治12年奈良県柳生村に生まれる。本名常吉。暁観とも号す。18年一家で京都に移住、31年京都市立美術工芸学校絵画科を卒業。山元春挙に師事する。32年から35年まで兵役に服し、37年から39年まで日露戦争に従軍、その合間の36年第5回内国勧業博覧会に「初冬で褒状を受ける。40年第1回文展に初入選、以後文展に入選を重ね、大正4年まで5回褒状を受け、軍隊での遅れを取り戻すかのように活躍。また、明治43年市立絵画専門学校助教諭、のち教授として後進の指導にあたる。早苗会に出品を重ねるとともに、8年井口華秋、池田桂仙、上田萬秋らと日本自由画壇を結成、定期展に出品を続けるが、昭和6年脱退して官展に復帰、8年帝展推薦となり、招待、無鑑査出品を続ける。写生に基づいた山水画、風景画を得意とした。 昭和23年京都市で没。享年68才。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法 本紙:幅41×高さ112cm
総丈:幅54.7×高さ203cm
軸先 象牙蓋
竹仙散人鑑定箱・二重箱
備考

春掛け・夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共にヤケ・染み等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。


 

 

 

 

↓↑本紙にヤケ・点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↓↑

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

天地にヤケ・クスミ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

竹仙散人鑑定箱・二重箱

  

箱の表面と裏面

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com