[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。



商品番号 D-018     
価格 26,000円 
商品名 鯉    
作者 梶 喜一作
略歴 梶 喜一 (かじ きいち) 明治37年京都市に生まれる。初め都路華香に師事し、また京都市立絵画専門学校を卒業し研究科に進んだ。初め崇樹 喜一。在学中の大正4年と5年には帝展に《円山公園》などで入選し、華香の没後は西村五雲に師事した。12年に応召して中国に赴き14年に帰還した。また同14年には山口華楊らによる新晨鳥社の会員となり、16年から新文展に入選を重ねた。戦後は昭和21年秋の第2回日展から毎回のように入選を重ね、28年に《鯉》で白寿賞を受賞した。また38年には《牡牛》で特選 白寿賞を受賞。更に42年の新日展には《游影》で再び特選 白寿賞を受賞して注目され、鯉の名手として知られた。以後は風景画や女性像にも挑戦し、51年には日展会友となり、53年に初の審査員を務めて《雛妓》を出品。54年には個展を日本開催し、日展会員となるが、翌年昭和55年に京都で没した。 享年 77才。
本紙 絹本  (尺八横)
寸法 本紙:幅51×高さ43cm
総丈:幅64.8×高さ142cm
軸先 唐木
共箱・二重箱 
備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

特に夏掛けとしておすすめです。

状態

本紙は経年の傷み・染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

新たに仕立て替えてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

鯉の下部が絵具のムラの様に見えますがそれは水面の表現と思われます。

 

 

 

 

 

 



 

鯉上部に直径7oの薄い染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

 

天右上部にスレの跡がありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

 

共箱・二重箱

 

 

       

箱の表面と裏面

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com