[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


  
商品番号 D-013     
価格 売却済み
商品名 白梅
作者

画・伊東深水作 賛:岡野知十作 (合作)

略歴

伊東 深水 いとう しんすい(1898−1972)
明治31年2月東京深川に生まれる。本名一(はじめ)。父の事業の失敗で苦学、東京印刷の活版工となり、44年に図案部に配置換えとなり、顧問の結城素明に画才を認められ、素明の紹介で鏑木清方に入門する。45年巽画会第12回展で初入選初受賞、大正3年再興院展に入選、東京印刷を辞して画家の道を歩む。大正4年第9回文展で初入選するが、数年間展覧会を離れ挿絵や口絵の仕事で社会的な評価を得る。9年最初の個展を上野松坂屋で開催、13年から帝展に出品入選を重ね、昭和2年第8回帝展で特選、4年に再び特選となり、美人画家としての地位を確立する。以後帝展、新文展に無監査、推薦、審査員となる。この間日本画会幹事、日本画院結成、青衿会を結成主宰する。戦後は21年から青衿会、日展に出品審査員をつとめる。23年戦後初の日本芸術院賞を受賞、25年日展運営参事となり、33年日展の民営化に伴い日展評議員となる。 さらに日本芸術院会員、日展理事となる。また、次男で日本画科の伊藤万耀と渡仏、37,38年と中南米を旅行、39年にはスカルノ大統領の招きでインドネシアを訪れる。浮世絵の伝統に立ちながら現代風俗に挑んで芸術性の高い新しい画境を築き上げた。44年日展顧問、神奈川県葉山町に転居。昭和47年5月8日没。享年74才。女優朝丘雪路は娘。

岡野 知十 (おかの ちじゅう)
安政7年2月19日北海道日高様似に生まれる。俳人。本名は岡野 敬胤(おかの けいいん)。通称は正之助。別号は正味。毎日新聞の記者で俳人。昭和7年8月13日没。享年72歳。

本紙 紙本   (尺八横)  
寸法 本紙:幅49×高さ37cm
総丈:幅63.2×高さ135cm
軸先 象牙

鑑定箱・タトウ箱付 (弟子の濱田台児先生鑑定箱)

(東京美術倶楽部鑑定委員会・鑑定証書付)

備考

早春掛けとしてお楽しみ頂けます。
(1月〜3月)

状態

本紙にヤケ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

表装は画格に釣り合った上質な裂地が使われ状態も良好です。

 

(東京美術倶楽部鑑定委員会・鑑定証書付)



表面と裏面

 

 

|←---------------- (軸先除く) 軸幅 63.2cm---------------→|

(尺八横)

表装は画格に釣り合った上質な裂地が使われ状態も良好です。

 

 

 

埋火や 笑って居れば 春わ来る 知十印

岡野 知十 (おかの ちじゅう)
安政7年2月19日北海道日高様似に生まれる。
俳人。本名は岡野 敬胤(おかの けいいん)。通称は正之助。別号は正味。
毎日新聞の記者で俳人。昭和7年8月13日没。享年72歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛け軸の裏面に点染み等ありますが鑑賞には問題ない箇所です。

 

 

鑑定箱・タトウ箱付

(弟子の濱田台児先生鑑定箱)

      

箱の表面と裏面



ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com