[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-085     
価格 売却済み
商品名

柘榴

作者 吉田秋光作
略歴

吉田 秋光 (よしだ しゅうこう)
明治20年4月石川県金沢に生まれる。本名清二。38年県立工業学校図案絵画科、43年東京美術学校日本画科をそれぞれ卒業。松岡映丘に師事する。大正6年第11回文展に「伊勢物語」で初入選、7年第12回文展に「夏立つ頃」で入選、以後帝展に古典文学を題材にした作品で毎回のように入選を重ね、11年代4回帝展に「秋のけはい」で特選となる。昭和2年帝展委員となり、4年第10回、8年第14回帝展に審査員として出品。10年の帝展改組では、第一部会の結成に実行委員として参加、11年文展委員として招待展に招待出品する。10年師映丘を盟主とする国画院、13年の日本画院結成にそれぞれ同人として参加定期展に出品する。同年から帝展に無鑑査出品を重ね、戦後の21年春第1回日展にも無鑑査出品をするが、同21年6月21日疎開先の山梨県中巨摩郡で没。享年59才。

本紙 絹本  (尺五立) 
寸法 本紙:幅42.2×高さ127cm
総丈:幅57.2×高さ224cm 
軸先

合せ箱・タトウ箱付

備考

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に点染み等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装は上質な金襴裂が使われております

表装裏面の上巻(巻絹)にヤケ・点染み等
ありますが鑑賞には問題無い箇所です。

 

上質な金襴裂があてられております。



 

 

 

 

薄い点染み等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

 

 

 

 

 

 

鳥名は百舌鳥(モズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓表装裏面の上巻(巻絹)にヤケ・点染み等ありますが鑑賞には問題無い箇所です。 ↓

 

 

合せ箱・タトウ箱付

 


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com