[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-081     
価格 売却済み
商品名

清風  (白百合に撫子)

作者 堂本印象作
略歴

堂本 印象 (どうもと いんしょう) 
 明治24年12月京都市に生まれる。本名三之助。43年京都市立美術工芸学校図案科を卒業、京都西陣の龍村平蔵の工房で図案を手がけるが、大正7年日本画家を志して京都市立絵画専門学校に入学大正10年卒業研究科に進級して13年修了する。大正8年第1回帝展に「深草」で初入選、翌2回展に特選、11年には無鑑査出品、13年からは委員として出品、昭和2年帝展審査員。 絵画専門学校教授、帝室技芸員となる。戦後は日展、京展の審査員、日展参事、常任理事をつとめ、日展・改組日展に出品を続ける。36年文化勲章を受章、文化功労者となる。41年自作を公開する堂本美術館を開館、京都市名誉市民、バチカン近代美術館のために「母と子」を完成、ローマ法王から勲章を受ける。昭和50年京都市で没。享年83才。

本紙 紙本  (尺五横)
寸法 本紙:幅38.6×高さ33cm
総丈:幅52.4×高さ127cm 
軸先 象牙

共箱・二重箱

備考

夏掛けとしてお楽しみ頂けます。
(6月〜8月)

状態

掛軸は元裂地を使って仕立て直しましたので
本紙・表装共に綺麗です。(手打ち表装)

 

(尺五横)

 


掛軸は元裂地を使って仕立て直しましたので本紙・表装共に綺麗です。(手打ち表装)

画格に似合った上質な金襴裂地があてられております。

 

 

本紙に汚れのように見える物は麻紙の皮入り紙であり、汚れではありません。
作品の味わい深さを表現するためにあえて使われたものと思われます。

 

 

 

 

本紙に汚れのように見える物は麻紙の皮入り紙であり、汚れではありません。
作品の味わい深さを表現するためにあえて使われたものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

共箱・二重箱

 

       

箱の表面と裏面


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com