[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


 
商品番号 C-050     
価格 売却済み
商品名 春秋山水
作者 中西耕石・日根對山作
略歴

中西耕石(なかにし・こうせき)
文化4年(1807年) 筑前国芦屋(現在の福岡県遠賀郡芦屋町)の生まれで、初めは伊藤南華(小田海僊の門人)に学び、後に京都に出て小田海僊等に師事して四条派の影響を受けた南宗画と漢学を学んで、画家として身を立てるに至り、画業に精進して日根野對山と共に近世の名家と称せられ、山水画を得意とした。また維新後は明治13年の、京都府画学校の設立に際して出仕、後進の指導に当たった。15年の第1回内国絵画共進会で銅賞を受賞するなど京都画壇を代表する画家として活躍した。 明治17年(1884年)没。 享年 78才。

日根對山(ひね たいざん)
文化10年(1813年)和泉国(兵庫県)堺に生れる。後に京都に住した。画は日高鉄翁(長崎春徳寺第18世住持)に私淑し、貫名海屋とも親しく交わって指導を受けた。山水を得意とし、筆墨は秀潤で、気迫が雄大で前田暢堂や中西耕石と共に「対暢耕」と称され画名も高く、また諸国より対山を訪れる者は数知れず、その門下からは跡見花渓を始め、猪瀬東寧 上田鉄耕 野口小蘋等の明治の画壇で活躍した多くの逸材を輩出した。明治2年没。享年 57才。

本紙 絹本  (尺八立・双幅)
寸法

本紙:幅51×高さ131cm
総丈:幅67.4×高さ202cm ×2幅

軸先

唐木

合せ箱
備考

春掛け・秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共にヤケ・スレ・軽い折れ等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。

 

  

双幅(春秋山水)

 

【秋景山水】 日根對山作 (9月〜11月)

|←------------------------- 軸幅 67.4cm -------------------------→|

(尺八立)幅広です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【春景山水】 中西耕石作 (4月〜9月)

|←------------------------- 軸幅 67.4cm -------------------------→|

(尺八立)幅広です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com