[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-043  
価格 95,000円
商品名 偶作 【偶作とは詩歌などがたまたまできること】  
作者 竹内栖鳳作 
略歴

竹内 栖鳳 たけうち せいほう (1864−1942)
 元治元年11月京都御池通油小路に生まれる。本名恒吉。 生家は料亭で、父は栖鳳に家業を継がせようとしたが、姉が家業を継ぐ決意で父を説得し、栖鳳の画道精進が始まる。 はじめ土田英林に師事したが、明治14年四条派の幸野楳嶺の画塾に入門、棲鳳の雅号を受ける。 翌15年に第1回内国絵画共進会で「雁に双鶴」「瀑布」が入選。17年第2回内国絵画共進会に「山水」「花鳥」で褒状を受けたのをはじめ、多くの内外博覧会や共進会で受賞して、京都青年画家の花形となった。 明治33年渡欧、西洋の美術を吸収し、翌年帰国して号を栖鳳と改めた。明治40年第1回文展に審査員となり、以後第12回展までその任に当たったが、その間大正2年に帝室技芸員、8年に帝国美術院会員に推挙された。また、明治42年〜大正13年まで京都市立絵画専門学校教授をつとめ、昭和12年第1回文化勲章受章者となったほか、フランス勲章、ハンガリー再興美術賞、ドイツゲーテ名誉賞を受けた。 昭和17年湯河原の別荘で死去。享年78才。

本紙

紙本  (小幅)ミニ掛軸

寸法 本紙:幅23.7×高さ27cm
総丈:幅38.8×高さ118cm
軸先 象牙

鑑定箱・二重箱

(箱書き鑑定人:竹内栖鳳の長男 本名:逸三)

備考

(箱書き)
表面:偶作 (ぐさく) 
裏面:昭和27年早春於東山眞遺邸 逸

茄子ひき 弥当数土中 小春栄へ
(なすびひき やどすどちゅう こはるばえ)

【偶作とは】詩歌などがたまたまできること。

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙にヤケ・薄い点染み等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。

表装は良好の方です。

 

 

 

茄子ひき 弥当数土中 小春栄へ
(なすびひき やどすどちゅう こはるばえ)

鈴虫が土中に卵を産み付ける風情を詠んだ句と思われます。

 

 

 

 

 

 

鈴虫が土中に卵を産み付ける風情を詠んだ句と思われます。

 

軸先:象牙

 

鑑定箱・二重箱

【偶作とは】詩歌などがたまたまできること。

        

箱の表面と裏面

表面:偶作  裏面:昭和27年早春於東山眞遺邸 逸


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com