[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-028     
価格 売却済み
商品名 鍾馗
作者 下村観山作
略歴

下村 観山 (しもむら かんざん)
明治6年(和歌山県和歌山市に生れる。狩野芳崖 橋本雅邦に師事。東京美術学校を卒業し、同校の助教授となる。日本絵画協会共進会に《仏誕》《光明皇后》などで受賞を重ねるが、31年に校長岡倉天心の解職に殉じて辞職し、日本美術院の創立に参加し正員となる。33年の日本絵画協会と日本美術院との連合共進会に《大原の露》を出品し、翌34年には東京美術学校に教授として復職。36年から38年まで英国に留学し、39年に茨城県五浦に移住。40年の第1回文展に審査委員として《木の間の秋》を出品し、41年の国画玉成会展に《大原御幸絵巻》を出品し、42年の第4回文展に審査員。大正3年には大観らと日本美術院を再興し、その院展に代表作《白狐》《弱法師》《春雨》を出品し、6年には年帝室技芸員となった。また8年に帝国美術院会員に推されるが辞退し、その後も《老松紫藤(老松白藤)》《俊徳丸》《天心先生》《維摩黙然》《魚藍観音》を院展などに出品し、また13年からの淡交会展には《一休禅師》などを出品した。昭和5年没。享年 58才。

本紙 紙本 (尺幅立)
寸法 本紙:幅30×高さ112cm
総丈:幅40.7×高さ190cm
軸先 象牙
共箱・二重箱
備考

節句飾りは江戸時代に武士が悪鬼や災厄を祓うために始めた外飾りが起源で、その後、鎧や兜を着せた人形を飾った室内飾りが定着したとされます。今日では男の子のすこやかな健康と成長を願って端午の節句に鐘馗、武者、兜の掛軸が飾られます。

※お子様・お孫様の誕生祝いとしておすすめです。

端午の節句掛けとしてお楽しみ頂けます。
 (4月〜5月)

状態

掛軸は元裂地を使って仕立て直しましたので
本紙・表装共に綺麗です。(手打ち表装)

 

元裂地は画格に釣り合った上質な金襴裂地が使われております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

共箱・二重

 

 

  

箱の表面と裏面

 


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com