[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-026   
価格 売却済み
商品名 老松旭日
作者 鈴木松年作
略歴

鈴木 松年(すずき しょうねん) 1848−1918
 嘉永元年6月京都に生まれる。本名百太郎。名は賢。字は百僊。父は鈴木派祖鈴木百年。父の指導を受け、明治13年京都府画学校に出仕、翌14年幸野楳嶺の後任として北宋科教員となる(21年退職)15年第1回内国絵画共進会で褒状、17年第2回では銅賞となり、23年第3回内国勧業博覧会に「雪景山水図」、28年第4回に「嵐山春景」で妙技三等、29年日本絵画協会展一等褒状、33年パリ万博で銅賞を受賞するなど国内外の博覧会、共進会で活躍、また新興鈴木派をもり立てて明治前期の京都画壇に重きをなした。穏和な父の画風とは対照的な豪放剛健な作風による山水画、人物画を得意とし、今簫白と称される。晩年は京都天竜寺天井画などを制作。白川畔の大画室で悠々自適の生活を送る。日本画家鈴木松僊は長男。大正7年1月29日京都市で没。享年69才。

本紙 紙本  (尺一立)
寸法 本紙:幅30×高さ132cm
総丈:幅40.8×高さ197cm
軸先

鑑定箱・タトウ箱付 (弟子の小西福年鑑定箱)

備考

お正月掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に極軽い折れ等ありますが鑑賞には
気にならない程度です。

表装は上質な裂地があてられており
状態は良好です。

 

表装は上質な裂地があてられております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



鑑定箱・タトウ箱付

 

       

箱の表面と裏面

裏面の拡大

弟子の小西福年先生鑑定箱

 


ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com