[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。


商品番号 C-025  
価格

67,000円

商品名 菊花鶉図
作者 今尾景年作
略歴

今尾 景年 (いまお けいねん) 1845−1924
 弘化2年8月12日京都に生まれる。幼名猪三郎。名は永勤、字は予裕。別に養素斎、聯自楽居と称した。はじめ浮世絵師梅川東挙に学び、後に鈴木百年に学んだ。諸家の画法を研究して花鳥画を得意とし、明治13年京都府画学校に出仕、明治28年第4回内国勧業博覧会で「耶馬渓」が2等賞となり、画壇にデビューした。明治40年文展開催とともに審査員となり、大正8年帝国美術院会員となった。京都写生派の代表的画家で、門下に木島桜谷、上田萬秋らがいる。大正13年10月5日死去。享年80才。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法 本紙:幅42.2×高さ107cm
総丈:幅56.2×高さ197cm
軸先 象牙

共箱・二重箱

備考

秋掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙・表装共にヤケ・軽い折れ等ありますが
鑑賞には気にならない程度です。

一文字・風帯は景年専用の印譜裂地が使われております。

掛軸裏面の上部裏巻きにヤケ・スレ等
ありますが鑑賞には差支えない箇所です。

 

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地があてられております。

↓↑一文字・風帯は景年専用の印譜裂地が使われております。↓↑

 

↓本紙にヤケ・軽い折れ等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↑一文字・風帯は景年専用の印譜裂地が使われております。↓↑

 

裏面の上部裏巻きにヤケ・スレ等あります が鑑賞には差支えない箇所です。

 

↓照明を斜めから当てて折れが目立つ様に写しました。↓

 

 

共箱・二重箱

   

箱の表面と裏面



ページのトップに戻る

戻る

 
掛軸・絵画・色紙・骨董・古美術等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com