[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 B-092     
価格 売却済み
商品名

笹に鶯 

作者 児玉希望作
略歴

児玉 希望 (こだま きぼう)
明治31年7月広島県に生まれる。本名省三。大正6年画家を志して上京。油絵を独学し、翌大正7年川合玉堂に入門する。大正10年第3回帝展に「夏の山」が初入選し、昭和3年第9回帝展に「盛秋」、昭和5年第11回帝展に「募春」が特選となり、昭和6年第12回帝展に「飛泉淙々」を推薦出品した。 昭和7年以降文・帝展審査員をつとめ、戦時中は日本美術・工芸統制会理事長。戦後は日展常務理事となる一方、昭和25年伊藤深水の画塾と自らの画塾国風会とを発展的に解消し、日月社を結成、毎年同社展を催す。昭和27年第8回日展出品の「室内」で日本芸術院賞を受賞、昭和34年日本芸術院会員となる。また、昭和32年渡欧し、翌年の滞欧記念展に「仏蘭西山水絵巻」などを発表した。代表作に「枯野」「忠貞双絶」「踊」などがある。昭和46年5月2日東京都港区の慈恵医大病院で脳血栓のため死去。享年73才。

本紙 紙本 (小幅)  
寸法

本紙:幅20×高さ113cm
総丈:幅29×高さ190cm  

軸先 象牙
合せ箱・二重箱
備考

冬掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

本紙に点染み等ありますが殆んど気にならない程度です。

表装は経年の割りには良好の方です。

 

 

 

 

 

 

落款下部に点染みありますが鑑賞には気にならない程度です。



 

 

鴬上部に極薄い下絵の跡がありますが鑑賞には気にならない程度です。

鳥名は鴬

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

合せ箱・二重箱

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com